H29年分の確定申告をしてみました。自分の税率では所得税が還付されます。

平成30年になったと思ったら、もう2月、早いものです。

2月になると、ソーシャルレンディングをやっている人は確定申告をしないとなーと考えている人も多くなっているのではないでしょうか。

自分も、平成29年のソーシャルレンディングが源泉徴収される前では284,218円あるので確定申告をする必要があります。

どんな人が確定申告しないといけないの?

確定申告はこんな方がしないといけません。

  • 給与の年間収入金額が2,000万円を超える方
  • 給与を1か所から受けていて、かつ、その給与の全部が源泉徴収の対象となる場合において、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く。)の合計額が20万円を超える方
  • 給与を2か所以上から受けていて、かつ、その給与の全部が源泉徴収の対象となる場合において、年末調整をされなかった給与の収入金額と、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く。)との合計額が20万円を超える方

ソーシャルレンディングをやっている人であれば、この各種の所得金額が20万円を超える人に該当する人が多いのではないかと思います。

該当しない人は確定申告する必要ないの?

厳密には税務署に対する確定申告はしなくても良いですが、区役所に対しては確定申告をする必要があります。

今までは雑所得20万円以下の場合に住民税の無申告を指摘されることは稀でしたが、これからも見逃されるとは限りません。

確定申告をすると税金が戻ってくることもあります。

ソーシャルレンディングでは所得税が最初に20.42%源泉徴収されています。

難しい話をすると、ソーシャルレンディングに対する所得というのは総合課税をされます。

確定申告ではサラリーマンであれば給与の所得ソーシャルレンディングの配当金を合算して再計算しているんです。

つまり、両者を合算した金額が低くて、課税される税率が低い人は確定申告をすると還付される、税金が戻ってくるんです。

この赤枠の所得の人(所得金額が330万~695万円)の人はちょうど、同じくらいの税率20%ですが、所得金額が330万円以下の人であれば税率は10%になります。

ソーシャルレンディングの配当金は20.42%なので10%を超える分が確定申告をすると戻ってくるんです。

なので、総所得額があまり高くない人は確定申告をすると税金が戻ってくる可能性が高いです。

今回、ためしに確定申告を入力してみました。こんな感じで確定申告は進んでいきます。

https://www.keisan.nta.go.jp/h29/ta_top.htm#bsctrl

このサイトから確定申告書作成コーナーにいきます。

ほとんどの人は書面提出を選択することとなります。

申告書・決算書作成開始をクリックして確定申告を進めていきます。

サラリーマンは所得税コーナーへをクリックして進めていきます。

ソーシャルレンディングの配当金はこの雑所得 その他を選択していきます。

上記以外の欄を入力していきます。

各ソーシャルレンディング会社は確定申告用にマイページから年間取引報告書をダウンロードできるようにしてくれています。

今回は、最大手のmaneoの年間取引報告書を例に説明してゆきます。

年間取引報告書に記載されている、収入金額、源泉徴収された所得税を入力画面ではこのように入力します。

そして、すすめていくとこのように計算結果がしめされます。

今回は給与収入が約450万円と仮定して入力しました。この給与収入だと税率は10%となります。

ソーシャルレンディングでは20.42%がすでに源泉徴収されているため、20.42%ー10%=10.42%が税金として還付されることとなります。

すでに源泉徴収されていた所得税が10,579円だったので、源泉徴収されていた20%の約半分ほどである、5,197円が還付されると計算結果がでました。

なので、ソーシャルレンディングの配当金が20万円を超える人は確定申告をしないといけないですし、配当金が20万円以下でも所得があまり高くない場合には、所得税が還付されるので確定申告をした方が良いです。

自分もしっかりと確定申告をし、還付された所得税はまた、ソーシャルレンディングに再投資してゆきたいと思います。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへにほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へにほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
サラリーマン投資家ランキング

【業界最大手のソーシャルレンディング】

【不動産投資のラッキーバンク】
ラッキーバンク

【沖縄への投資 PocketFunding】


【高利回り トラストレンディング】

【少額からでも不動産投資】

【日本クラウド証券が運営しています。】

【伊藤忠商事が親会社、海外案件が中心。】


【大手SBIグループ、業界大手です。】
SBIソーシャルレンディング

【東急リバブル審査済み!不動産担保付き】
LENDEX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です