地方公務員平成30年10月分給与が支給されました。今月も残業代は0円です。

平成30年10月分が支給されていたので公開したいと思います。

地方公務員平成30年10月分給与

収入  349,610円(基本給+手当+残業代0時間)

控除額△83,488円(社会保険+所得税+住民税等)

手取額 266,122円

毎度ながら、40代での手取額とは思えませんよね、、、でも地方公務員での手取額はこんなもんです。

本来、20時間程の残業をすれば手取額は5万円くらい増えるはずなんですけどね。

財政が豊かな一部の自治体を除いては、残業代が満額支給されることはないようなので給料アップは僅かです。

ですが、国家公務員、特に霞ヶ関勤務では100時間以上の残業でも実際に支給されるのは20時間程らしいですね、良くても。

自給に換算すると500円以下だったりするそうです。

国のために働くという、仕事上での満足感はあるのかもしれませんが。。

新卒の学生はまず民間で勤務した方が良い!

それなりの学歴がある人であれば、新卒の学生はまず民間に勤務した方が良いと思います。

民間で勤務をし、やはり公務員の方が良いと思えば受験をすれば良いと思います。

現在は公務員試験の年齢制限も緩和されていますし、自分のような社会人採用を実施している自治体はたくさんあります。

民間⇒公務員は可能ですが、公務員⇒大企業への転職は非常に困難です!

大企業こそ新卒採用重視!

日本の大企業は新卒重視です。

公務員になり、より多額の給与を得たい、大企業に勤務したいと考えても、まず不可能です。

大企業で40代になれば、多くの人が800万円を超えてきます。

地方公務員では無理です、50代後半で到達出来る給与です。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへにほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へにほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
サラリーマン投資家ランキング

【業界最大手 maneo】

【高利回り トラストレンディング】


【沖縄への投資 PocketFunding】


【少額からでも不動産投資】

【日本クラウド証券が運営しています。】

【伊藤忠商事が親会社、海外案件が中心。】


【大手SBIグループ、業界大手です。】
SBIソーシャルレンディング

【東急リバブル審査済み!不動産担保付き】
LENDEX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です