東急不動産が担保評価、LENDEXに投資を行いました。第三者評価の方が安心できますよね。

リスク分散化のため、様々なソーシャルレンディングに投資をしていますが、今回はmaneoから償還された資金を使ってLENDEXに30万円を新規投資しました。

不動産投資のソーシャルレンディングであるLENDEX

自分もこれまであまり利用をしてきませんでしたが、口座だけは開設してありました。

投資先を分散させたい気持ちがあったので今回投資をしました。

ここは1件ごとの募集金額が多額なのですぐに申込みがいっぱいにならないところも自分は気に入っています。

実際、もっと人気がでても良いのではないかと思います。
LENDEX

今回、投資をしたのは「不動産担保付きローンファンド 29-1号」です。

運用期間 11か月

運用利回り 7%

利率は一般的ですが、第一順位の抵当権が設定され、優先的に弁済されるので安心感が違います。

担保評価は安心の東急不動産

自分が考えるにソーシャルレンディングでは予定通りいかないことも正直あると思います。

不動産を最終的に転売して返済原資を作るのであれば、予定期日からずれることもあります。

自分としては最終的に投資元本が返還されるのかを重視しているので、担保評価額が一番大事と考えています。

この点、安心の東急不動産による鑑定評価を担保評価額にしているので、自社で自分の都合のよいように評価した評価額とは信頼性がまったく違うと思います。

今後も魅力的なファンドを多く募集して欲しい。

今回、LENDEXでは3億円のソーシャルレンディングを募集しました。

運用期間は同じ11か月ですが配当利回りが違います。

2億円分⇒利回り 7% 抵当権第一順位

1億円分⇒利回り 9% 抵当権第二順位

利回りが高い商品は抵当権が第二順位なので、最終的に投資元本が毀損する可能性もあります。

このようにリスクを自分で選べるのは良いですね。

もちろん自分が投資をしたのは利回り7%の方です。

ですが、利回り9%のファンドがあっという間に完売していました。

今後もLENDEXには頑張って欲しいですね。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへにほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へにほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
サラリーマン投資家ランキング

【業界最大手 maneo】

【高利回り トラストレンディング】


【沖縄への投資 PocketFunding】


【少額からでも不動産投資】

【日本クラウド証券が運営しています。】

【伊藤忠商事が親会社、海外案件が中心。】


【大手SBIグループ、業界大手です。】
SBIソーシャルレンディング

【東急リバブル審査済み!不動産担保付き】
LENDEX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です