地方公務員平成31年1月分給与が支給されました。毎月あまり変わらない、良く言えば安定している?

平成31年1月分が支給されていたので公開したいと思います。

今年度最初の給与となります。

地方公務員平成31年1月分給与

収入  359,120円(基本給+手当+残業代0時間)

控除額△83,986円(社会保険+所得税+住民税等)

手取額 275,134円

【上場企業・ベンチャーに投資】

まぁ、毎月ほぼ一定額がしっかりと支給されるのが?公務員の良いところです。

多額な給与をもらうことは出来ませんが、安定して支給されますね。

確かに40代としては低給だとは思いますが、求められる業務の難易度を考えるとこれでももらいすぎくらいかもしれないので

感謝をしないといけないですね。

半年業務につけば誰でも慣れてくる業務だと思います。

民間と同じで公務員も異動が多いです。

長くいたとしても最大で4,5年で必ず異動となります。

民間では、全く違う職種への配置転換というのはあまり多くないと思いますが

地方公務員での異動は、ほとんど転職と同じくらい全く違う業務に従事することとなります。

戸籍をやっていた職員が急に子育て支援の企画立案に従事したりと全く畑違いな業務をすることとなります。

そういう意味では永遠の新人ですね。

定年間近な職員より、入社2年目の職員の方が業務に詳しいなんて状況になります。

なので異動の時期には、ストレスにより休職してしまう職員が多く発生することになります。

自分も今年の4月にはきっと異動になると思うので今から心の準備をしておかないといけませんね、、

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへにほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へにほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
サラリーマン投資家ランキング

【上場企業・ベンチャーに投資】

【業界最大手 maneo】

【沖縄への投資 PocketFunding】


【少額からでも不動産投資】

【日本クラウド証券が運営しています。】

【伊藤忠商事が親会社、海外案件が中心。】


【大手SBIグループ、業界大手です。】
SBIソーシャルレンディング

【東急リバブル審査済み!不動産担保付き】
LENDEX

【高利回り トラストレンディング】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です