【確定申告】今年の確定申告ではラッキーバンクのマイナスにより8万円程の所得税が還付される予定です。出来れば納税したかった。

みなさんは確定申告もう終わったでしょうか?

今年はラッキーバンクの損失により他のソーシャルレンディングからの配当分源泉所得税が確定申告により還付されるので早速、確定申告をやってみました。

ソーシャルレンディングで合計がマイナスの人は確定申告をしましょう。

今年は合計、8万円程が還付されそうです。

最終的にはソーシャルレンディングによる投資がマイナスになったので源泉徴収されていた所得税が全額還付されます。

配当金合計はマイナスなので所得税を返してもらおうと思います。

今回、国税局が作成している確定申告作成サイトを利用しましたが、非常に良く出来ていると思います。

これまで作成したことがない人でもそこまで迷わずに作成出来るのではないかと思います。

確定申告の作成方法

まずは確定申告書作成サイトにアクサスします。

通常は「この印刷して書面提出する」を選択します。

そして赤枠部分の「所得税」を選択します。

ソーシャルレンディングは雑所得という扱いになるのでこの「全ての所得対応」で作成を開始しましょう。

ここで必ず入力するのが給与所得の部分です。

まず、会社からもらった源泉徴収票を用意しましょう。

源泉徴収票を見本に入力の仕方を教えてくれるので、初めての人でもそこまで迷わずに入力することが出来ると思います。

そしてここがソーシャルレンディングで配当を受けた人が入力する部分です。

雑所得(その他)という項目になります。

ここも入力するのに迷わないと思いますがラッキーバンクのように最終的に損失が発生したソーシャルレンデイングを入力する場合は

どのように入力すれば良いのか、実際に入力した画面がこちらです。

種目・名称(会社名)・住所を入力します。

そして各ソーシャルレンディングの年間取引報告書を用意し、収入金額は年間取引報告書の赤色部分を入力します。

ここでは45,544円となります。

次に年間取引報告書橙色部分の源泉所得税9,263円を転記します。

更に今回は損失金額が発生しているので、年間取引報告書紫色部分を必要経費に入力してあげまず。ここでは593,674円ですね。

 

後は、ふるさと納税もある人は寄付控除の部分に入力、医療費控除がある人は医療費控除項目に入力し、最後まで進んでいけば確定申告書が作成されます。

作成された確定申告書を印刷し、正本・控えを税務署に提出すれば確定申告は終わりです。

あっという間に作成出来ますね。とても分かりやすく作られているサイトだと感心しました。

ソーシャルレンディングで損失が発生した人は、確定申告で税金を還付してもらいましょう。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへにほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へにほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
サラリーマン投資家ランキング

【上場企業・ベンチャーに投資】

【新規クラウドファンディング】
FANTAS funding

【投資先不動産が分かるので安心】
CREAL

【業界最大手 maneo】

【沖縄への投資 PocketFunding】


【少額からでも不動産投資】

【日本クラウド証券が運営しています。】

【伊藤忠商事が親会社、海外案件が中心。】


【大手SBIグループ、業界大手です。】
SBIソーシャルレンディング

【東急リバブル審査済み!不動産担保付き】
LENDEX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です